100均の計量カップ 大容量でボウル代わりに大活躍!

100均プラスチック, 目盛り, 計量カップ

どこの家にも1つはありそうな計量カップ
お料理にはもちろん、ケーキなどのお菓子作りにも欠かせません

100均にもいろいろな大きさの計量カップがありますが
その中でも1000mlという大容量で使いやすいダイソーの計量カップを
ご紹介します

 

100均の計量カップ 大容量はボウル代わりにも大活躍!

軽量カップ1

 

計量カップといえば一般には200ml
お料理でも200mlが1カップとして基準になってますよね

昔は計量カップといえばアルミの200mlだったような気がしますが
最近はプラスチック製や耐熱ガラス製のものもあり
容量もいろいろあるようです

 

1000mlサイズの大容量!

ダイソーの棚の中でもひときわ大きく目をひく計量カップ
1000mlの計量カップの大きさは

注ぎ口の直径 約14.4cm
持ち手を含む全長 約19.5cm
高さ 約12.4cm

軽量カップ2

もはやカップというよりボウルという感じの大きさです

 

耐熱温度

透明のプラスチック製のこの計量カップ
やはり耐熱温度が気になりますよね

耐熱温度はー20℃~80℃

食洗機や電子レンジ、オーブンなどでは使えません

 

使い分けの出来る目盛りつき

計量カップに目盛りは必須ですが
この計量カップには使い分けの出来る3種類の目盛りが付いています

 

一般的なmlの表示は50ml~1000ml
1000ml入れても上には余裕があるのでこぼれにくくなっています
目盛りは50ml単位、100mlごとに数字が記されています

軽量カップ4

 

その横にはお料理でよく使われる1カップ表示があります
先ほどのml表示の横に200ml単位でカップ数が表示されています

軽量カップ6

 

さらにその横には1合2合とお米を計れる表示まで付いています

軽量カップ5

これらの表示は両面に付いているので
左右どちらの手で持っても見やすいようになっています

 

注意書き

・火や熱源のそばに置かないでください
・レモンなどの柑橘類の皮に含まれるテルペンや油脂のよって
変質することがあります
・電子レンジでの加熱料理には使用しないでください

と書かれてあります。

ですが、ちゃんと読まずに使っていた私
ゆずジャムを作ったときに皮入れに使っていたら
こんなことになってしまいました

軽量カップ3

皆さん、注意書きはしっかり読んで使い方には注意しましょう!

 

 

計量カップ以外の活用法!

計量カップとしてはもちろんですが、我が家では
ちょとしたボウルの代わりに使っています

お鍋にお水を足すとき、お花にお水をあげるとき
乾物を戻したり、野菜を洗ったり
簡単な和え物を作ったり・・・
たこ焼きをするときにも生地を入れると注ぎ口があるので
とても流しやすいんです

 

使ってみて

1000mlのこの大きさで100均商品!
思っていたより結構しっかりしています

ですが、1000ml入れると結構な重さになり使っているうちに
持ち手のところが弱くなって割れてしまうことがあります

少しでも長く使いたいので
重たくなったときは手を添えて使うようにするといいかもですね

それと、柑橘系には気をつけましょう・・・

使い方にこだわらずこれからもどんどん使っていきたいと思います!

スポンサードリンク

Posted by megupon


PAGE TOP