鉛筆には必需品の鉛筆削り100均商品のユーモアと機能は必見!

100均鉛筆, 鉛筆削り, 5段階

筆記用具といえば鉛筆が主役だった
小学生の頃は鉛筆削りは必需品でした

大人になって鉛筆からシャーペンになると
あまり使わなくなってしまいましたが
それでも何本かは家にありますよね

そんな鉛筆のためにやっぱり鉛筆削りは必要です

 

鉛筆には必需品の鉛筆削り 100均商品は進化している!

ダイソーへ行ってみました
カラフルにいろいろありますが
最近の鉛筆削りは凄い!

 

まず目についたのが電車の形をしたもの

電車になった鉛筆削り!

おもちゃの新幹線や蒸気機関車の形をしています
子供に大人気のドクターイエローもあります

%e5%89%8a%e3%82%8a1

なぜ電車形なのかはわかりませんが
この鉛筆削りの凄いところは
空になったペットボトルが装着できる!
鉛筆を削るとその中に削りかすがたまっていくらしい

ペットボトルがいっぱいになるほどはかすは
たまらないとは思いますが

削りかすが飛び散らないのはとてもいい!
これなら子供も楽しんで鉛筆を削ってくれますね!

 

 

他にもいろいろありました

「シャープナー」

%e5%89%8a%e3%82%8a2

鉛筆を差し込むところに黄色いふたがついているので
危なくありません

削り方も5段階に調節できるので便利です

%e5%89%8a%e3%82%8a4

何よりシンプルなのがいい!

 

 

変わったところでは

「削り付きキャップ」

%e5%89%8a%e3%82%8a5

キャップの先に鉛筆削りが付いています

1本1本にシャープナーが付いていてふたを開けると
鉛筆が削れるというもの

%e5%89%8a%e3%82%8a8

ただ小さいので削りかすを受けるものはありませんが
これなら筆箱にも入りますし、極端に言えば
鉛筆1本とこれがあればOKです

 

 

 

パッケージで目だったのが

「けずりじょーず」と「けずっ太くん」

どちらも同じような形をしています

%e5%89%8a%e3%82%8a9

削りじょーずは透明、けずっ太くんは不透明なので
中は見えません

 

袋から出すとコロンとした形

%e5%89%8a%e3%82%8a10

 

こちらもけずり方が5段階に調節できます
鉛筆を差し込むところにはシャッター式のふたが
あるので安全です

%e5%89%8a%e3%82%8a14

 

削りかすは中にたまるようになっていて
下部のふたを開けると出すことが出来ます

%e5%89%8a%e3%82%8a15

 

 

昔持っていた鉛筆けずりはドイツ製で
切れ味は抜群でしたが
鉛筆削りの部分だけだったので刃がむき出しで
気をつけなければ手を切ってしまう危険なものでした

削る部分がちゃんとカバーされていて
鉛筆を差し込むところにもカバーがついているのは
安全でとてもいいですね

 

さて、ためし削り

ダイアルがついていて1から5の順に太く削れるようです

%e5%89%8a%e3%82%8a20

 

1から順番に削ってみます

鉛筆の太さと穴の大きさがあっていないのか
刃の食い付きが悪いように思います

削ってみるとこんな感じ

%e5%89%8a%e3%82%8a18

パッケージの表示と同じように左が1で一番右が5です

1,2,3の区別がつきにくいですが
4と5になるとほとんど削れてません

うーん、この5段階の必要はあるのかな?

 

5本削って削りかすは軽くいっぱいになっています

透明のケースなので中身が見えていいですね

 

普通の鉛筆ならば1のよく尖る削り方
色鉛筆などの芯の柔らかいものは4や5
などと使い分けることが出来るのは便利だと思います

 

 

鉛筆削りといってもいろいろなタイプがありますが
安全カバーがついていたり
カラフルなデザインであったり
削る太さが調節できたりと進化しているのが凄い

 

これは
もう何年も前にダイソーで買った手動の鉛筆削り

%e6%96%87%e5%85%b77

かなりの年代物です
でもこの鉛筆削りいまだに切れ味が変わらない!

長年使っているとふたはパカパカになってしまい
削りかすはこぼれてしまいますが
それでも切れ味は変わりません!優れものです!

 

 

いろいろ機能があるのも素敵ですが
シンプルイズベスト!でシンプルなものも
出てくると嬉しいなと思います

スポンサードリンク

Posted by megupon


PAGE TOP